アパート

マンション投資に失敗しないための様々な知識

設置の内容

パーキング

駐車場の経営ではコインパーキングが施工も簡易にできて人気があります。場所的な条件を満たせばアスファルト舗装を行い、精算機や防犯カメラ、看板や照明器具の設置、料金案内、車止め、電気工事、自動販売機、ライン引きその他の施工を行うのに短期間で仕上がります。

上手に賃貸経営をしよう

一軒家

家賃保証は賃貸経営の初心者にとってはとても便利な制度です。しかし、あまりその制度に入れ込み過ぎず、少なからず自分自身でも経営についてのさまざまな事柄を知り、予備知識や基礎知識を習得しておくということも、同時に大切なことです。

成功するために必要なこと

アパート

成功を阻む原因

投資に失敗はつきものだと考えられていますが、事前にしっかり備えることで失敗リスクを大きく下げることができます。マンション投資でも同様に、失敗するリスクを下げ成功の可能性を高めることは可能です。成功するためには、マンション投資では何が失敗の原因になるのかを知ることが重要です。マンション投資で最も多い失敗が、事業として見なしていないことです。相続税の対策としてマンション投資を行った方に多く、節税効果以上の損失を出してしまう方がいらっしゃいます。また、資金計画をきちんと立てなかったことも、マンション投資での失敗例に多く見受けられます。家賃収入は適切に設定しているか、支出は細かに把握しているか、借入金返済に支障はないかを確認せず、安易に投資に踏み切る方が多いのです。

業者選びの際にも重要

マンション投資で成功するためには、2つの失敗例を反面教師にすることが重要です。マンション投資は事業であること、資金計画を事前にしっかりと立てることが何より重要なのです。この2つのことを把握しているだけで、業者選びもスムーズに行うことができます。投資マンションを販売する業者にとっては、是非とも購入して欲しいと願うことは当然です。しかし、営業トークに翻弄されてはいけません。営業マンがマンション投資を事業として捉えているか、適切な資金計画を提案してくれるのかを、しっかり確認することが重要です。特に資金計画を確認する際には、家賃の下落率と空室率を重視しましょう。リスクに備えるためには、甘い計画ではいけません。少し厳し目の家賃下落率と空室率は、リスクに対するクッションの役割を果たしてくれます。少し厳し目の家賃下落率と空室率を計画している業者は、信頼できる業者と言えるでしょう。

購入後の必要経費

管理

マンションを購入すると修繕積立金とともに管理費という費用が毎月発生します。この相場が適正であるのかどうか、もし高いと感じたときは専門のコンサルタント会社を通じて管理会社の調査を行い、もし高ければ他の会社に委託するという方法も取れます。